top of page
  • 執筆者の写真香織 浜森

創業者の皆さんと意見交換

更新日:3月25日

日本政策学校のご縁で、EO東京に所属する経営者の皆さんと意見交換をさせて頂きました。業種は、コミュニケーションプラットフォーム、リユース、スポーツサイト、不動産まで様々です。


経営者の方が「より良い社会の実現に向けて政治を学ぶこと」「新たな気付きを得ること」が目的でしたが、


ディスカッションしたり、一緒に参加した他の自治体議員の話を聞くことで、自身の振り返り&多くの気付きを頂きました!


◉質問例

Q:なぜ政治家を志したのか?きっかけ。

Q:落選中のモチベーションは?

Q:民間企業から議会に入って感じたギャップは?

Q:駅立は意味があるのか?

Q:自治体間競争について

Q:企業に求めること


◉改めて感じたこと

私は最初の区議会議員選挙の時、「土日夜間議会改革」を訴えていました。


欧米のように、土日夜間に議会を開催することで、会社員や主婦など多様な人が議員になれ、傍聴できると良いなと。


現在、いくつかの議会でも実施されているようです。


千代田区ですぐに実現することは難しいですが、区政に関わるようになって、改めて、意思決定の場に多様な人が関わることの大切さを実感しています!まずは協議会メンバーの多様性確保を目指します。


◉創業者の皆さんへのお願い

・社員で出馬したい人がいたら応援する(落選したら元の職場で働けるようにする)こと、

・選挙だけでなくその後の政治家の活動にも注目すること、

・政治に関する意見を積極的に発信すること

などをお願いしたところ

、皆さん前向きに受け止めて下さいました。


※参考)地方議会活性化シンポジウム2022 https://www.soumu.go.jp/main_content/000844788.pdf

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page